我々は「体」に何を求めているのか

40を過ぎた子育てママがネットで見つけた美と健康に関する情報を自分用にだらだら書きためたりしています。

今日もなにげなーくふっくら素肌を保つケアの事を綴ってみる。

美しく健康的な肌を常に保ちたいなら、多くの種類のビタミン類を摂取することが重要となるのですが、実際のところ皮膚の組織同士を結びつける非常に重要な役割を果たすコラーゲンを合成するためにも欠かしてはいけないものなのです。

水の含有量をカウントしない人体の約50%はタンパク質により占められ、そのほぼ3〜4割がコラーゲンです。コラーゲンの持つ主要な機能は体内のあらゆる組織を形成する構造材となる所です。

セラミドは肌の潤い感といった保湿の働きを改善したりとか、肌から必要以上に水が逃げてしまうのを蓋の役割をして防いだり、外部から入る刺激とか雑菌の侵入を防いだりするような役目をしてくれているのです。

これだけは気をつけていただきたいのが「汗が顔に滲み出ている状況で、いつものように化粧水を塗布しない」ようにすること。ベタつく汗と化粧水が混じり合うと知らないうちに肌に影響を及ぼす可能性があります。

女の人はいつも毎日のお手入れの時に化粧水をどんなやり方でつけているのでしょうか?「直接手で肌になじませる」と発言した方が圧倒的に多いというアンケート結果となり、コットンを使うとの回答はあまりいないことが明らかになりました。