我々は「体」に何を求めているのか

40を過ぎた子育てママがネットで見つけた美と健康に関する情報を自分用にだらだら書きためたりしています。

今日もやることがないのできれいな肌になる方法の情報を書いてみる。

体内のヒアルロン酸の量は乳児の頃が最大で、30代以後は急速に減少していき、40代の頃には乳児の時期と比較すると、約5割程度に落ちてしまい、60歳を過ぎるととても少なくなってしまいます。

アトピーの敏感な肌の症状の改善に役立つとされる高い保湿効果を持つセラミド。このセラミドを使った高品質の化粧水は保湿能力が高く、肌荒れの元となる要因から肌をきちんと保護する機能を補強します。

たびたび「化粧水をちまちまと使っても効果はない」「浴びるようにたっぷりと使うのが理想的」という表現を聞きますね。試してみると実感できることですが顔につける化粧水は十分とは言えない量より十分に使う方がいい結果が得られます。

元来ヒアルロン酸とは生体内のあらゆる箇所に広範に存在する、ヌルっとした粘り気を持つ粘性のある液体を示しており、生化学的な表現ではムコ多糖類と呼ばれるゼリー状の物質の一種だと説明することができます。

気をつけた方がいいのは「たくさんの汗がふき出したまま、構わず化粧水を顔につけない」ようにすることです。汗とともに排出された老廃物と化粧水がブレンドされると肌にちょっとした損傷を与えるかもしれません。