我々は「体」に何を求めているのか

40を過ぎた子育てママがネットで見つけた美と健康に関する情報を自分用にだらだら書きためたりしています。

今日も得した気分になる?きれいな肌を作るケアの要点を綴ってみました。

美容液を塗布したからといって、全ての人が確実に白くなるとは言えません毎日の適切な紫外線対策も重要なのです。可能であればなるべく日焼けを避ける手立てを先に考えておくことをお勧めします。

赤ん坊の肌が水分たっぷりでふっくらとした張りがあるのはヒアルロン酸を非常に多く有しているからです。保水する能力が高いヒアルロン酸は、しっとりと潤った皮膚をきちんと保つ化粧水などに保湿成分として有効に使用されています。

注目の保湿成分セラミドは、表皮細胞の新陳代謝の過程で合成される“細胞間脂質”を指し、およそ3%ほどの水分を保有し、個々の細胞をセメントのような役割をして固定する重要な役目を行っています。

「無添加で有名な化粧水を選んでいるから全く問題ない」と油断している方、その化粧水は間違いなく無添加なんでしょうか?実際のところ、数ある添加物の中の1つを入れていないというだけでも「無添加」と宣伝して特に問題はないのです。

人の体内のあらゆる部位において、休む間もなく酵素でのコラーゲンの分解と重要な酵素による新たな合成が活発に繰り返されています。年をとってくると、この均衡が崩れることとなり、分解される方が増大してきます。