我々は「体」に何を求めているのか

40を過ぎた子育てママがネットで見つけた美と健康に関する情報を自分用にだらだら書きためたりしています。

やることがないので美しさを作るケアについて思いをはせています。

老いることで顔の印象を左右するシワやたるみが肌に生じてしまうわけは、欠くことのできない大切な要素であるヒアルロン酸そのものの量が少なくなってしまい十分に潤った肌を保つことが困難になってしまうからに他なりません。

ヒアルロン酸とは元来人間の体の中のあらゆる部分にある、ヌルつきのある粘性のある液体のことを言い、生化学的にムコ多糖類の中の一種と言えます。

注目の成分プラセンタとはもとは英語で哺乳類が持つ胎盤を指しています。化粧品や美容サプリメントで頻繁に話題のプラセンタ含有見かけることがありますが、これについては器官としての胎盤そのもののことを指しているのではありませんので不安に思う必要はありません。

コラーゲンが足りない状態になると皮膚の表面が損傷して肌荒れといったトラブルが起こったり、血管内において細胞がもろくなって剥がれ落ち出血を起こしてしまうケースも見られます。健康維持のためにはなくてはならない物質なのです。

コラーゲンの薬効で、肌にハリや弾力が再び戻り、気になっていたシワやタルミを健康な状態に戻すことができるということですし、おまけに乾燥によりカサカサになったお肌に対するケアにもなってしまうのです。