我々は「体」に何を求めているのか

40を過ぎた子育てママがネットで見つけた美と健康に関する情報を自分用にだらだら書きためたりしています。

今日も暇なのでつやつや素肌を保つ対策について情報を集めています。

老化や日常的に紫外線に曝露されることにより、体内のさまざまな所に存在しているコラーゲンは劣化して硬くなったり体内含有量が減少します。これらのことが、皮膚のたるみ、シワを作ってしまうきっかけとなります。

ヒアルロン酸とは元来人の体の中の至る所に存在するゼリー状の物質で、相当な量の保水する秀でた特性を持つ美容成分で、ビックリするくらい多量の水をため込むと言われているのです。

美容液とは基礎化粧品のひとつであり、洗顔料で洗顔した後に、化粧水で失われた水分を行き渡らせた後の皮膚に使うというのが基本的な使い方でしょう。乳液状やジェルタイプなど様々な形状の製品が見受けられます。

最近ブームのプラセンタは英語で哺乳類が持つ胎盤を示しています。化粧品や健康食品・サプリで最近よく今話題のプラセンタ配合見かけることがありますが、このプラセンタとは胎盤そのもののことを示すのではないのでご安心ください。

化粧水をつける時に、目安として100回掌で万遍なくパッティングするという説を見かけますが、このようなことはしない方がいいです。肌が弱くトラブルになりやすい方は毛細血管が刺激され気になる「赤ら顔」のきっかけとなることもあります。