我々は「体」に何を求めているのか

40を過ぎた子育てママがネットで見つけた美と健康に関する情報を自分用にだらだら書きためたりしています。

今日もくだらないですが、年齢に負けない素肌ケアの事をまとめてみる。

石鹸などで顔を洗った後は何もしないでいると化粧水が肌へしみこむ割合は低下します。また石鹸などで洗顔した後がもっとも乾燥が悪化するので、潤いがなくならないうちに肌を乾燥から守る保湿成分の入った化粧水をしみこませないと乾燥してカサカサ肌の原因になってしまいます。

世界史上屈指の類まれな美しい女性として名を刻んだ女性達がプラセンタを美しさを維持することと若さを保つことを目論んで愛用していたそうで、古代からプラセンタの美容に関する有効性が知られていたということが実感できます。

一般に「化粧水をケチケチ使ってはいけない」「豪快にたっぷりとつけるのが一番」と言われているようですね。確かな事実として潤いを与えるための化粧水は不十分な量より十分な量の方がいい状態を作り出せます。

美肌成分として必要不可欠な存在のプラセンタ。安全性が実証された今日では化粧水などの化粧品やサプリなど幅広いアイテムに使用されています。ニキビやシミ対策そして美白など多彩な効能が現在とても期待されている有用な成分です。

20代の健康な状態の皮膚にはセラミドがふんだんに含有されていて、肌も潤ってきめ細かくしっとりしています。しかしながら、加齢などの原因で肌のセラミド含量は低下していきます。