我々は「体」に何を求めているのか

40を過ぎた子育てママがネットで見つけた美と健康に関する情報を自分用にだらだら書きためたりしています。

とりあえずつやつや美肌になる対策について書いてみた

体内のヒアルロン酸の量は乳児の頃が最大で、30代以後は急速に減少していき、40代の頃には乳児の時期と比較すると、約5割程度に落ちてしまい、60歳を過ぎるととても少なくなってしまいます。

保湿成分であるヒアルロン酸が真皮内で水分をふんだんに保っているおかげで、外側の環境がたくさんの変化や緊張感で酷い乾燥状態になることがあっても、肌は直接影響を受けることなく滑らかな手触りのコンディションでいることができるのです

セラミドについては人間の肌の表面で外界から入る刺激を食い止めるバリアの働きを担っていて、角質バリア機能と比喩される働きを果たす皮膚の角層部分に存在する大切な物質のことなのです。

化粧水の大切な働きは、潤いを与えることというよりは、肌が持つ本来の凄いパワーがうまく活かされるように、表皮の環境を健全に保つことです。

コラーゲンという物質は身体を形成する繊維状のタンパク質で、グリシンなどのアミノ酸がつながって構成されているもののことです。身体に含まれるタンパク質の約3割強がコラーゲン類によって占められているのです。